【農家の暇の稼ぎ方】農閑期をなくすためのチャレンジ

炎天下の8月。農業を始めた10年前は農閑期だった。 アイメック栽培では越冬長期どりという作型が基本となる。そのため、8月は収穫を終えたトマトの片付けと新たな苗の定植へ向けての準備期間になる。準備期間と...